初心者が株式投資で注意すること

by ,

株を始めたばかりの初心者がこれをすると失敗するというものをご紹介します。

始めたばかりなのに大損してしまったとなるとショックですよね。

そんなことがないように、初心者がしてはいけないことをしっかり覚えておきましょう。

《いきなり大金を投資しない》

株で大儲けしたという投資家のほとんどは、信用取引といって株やお金を借りて取引を行っています。

初心者の場合は、自己資金以上のお金を投資しないことが大切です。

また、一つの銘柄に自己資金すべてを投資するというのも危険です。

いくつかの銘柄に少額ずつ投資するようにしましょう。

《下がった株を持ち続けるのは×》

初めて買った株は何となく愛着がわくものです。

しかし、慎重に選んだものでも業績の悪化などで株価が下がることがあります。

そんな時、「また上がるだろう」「しばらく待てば元に戻るだろう」と持ち続けると、損をしてしまう可能性があります。

買った株が下がり続けている場合は、思い切って損切りすることも大切です。

《あちこちに手を出さない》

自分は高配当株のみを買うとか、優待株のみで得するというような買い方をしていたのに、株が上がったからと成長株に投資するという人がいます。

配当金がもらえなくなるし、優待品ももらえなくなり、結局損をしてしまったということにもなりかねません。

自分に合った方法を見つけ、株に投資するようにしましょう。

初心者のうちは、高配当や株主優待を中心にした方が安定して良いですよ。